経験を伝えればいいだけ…

パラダイムシフト…

人生100年時代になりました。もし今あなたが50歳ならば、あと50年、これまで生きてきた年数と同じだけ生きていくという計算です。

平均値はそうでも実際にはそれよりも早く亡くなることや長く生きることもあります。あなたの人生があとどのくらい続くのか、それは誰にも分かりません。

明確に分かっていることは、50歳が「老後の始まり」から「人生の折り返し」にパラダイムシフトしたこと。社会がそういう認識で50歳を迎えたあなたを観るようにどんどんと変わっていきます。

ところで、あなた自身はこの大きな変化を受け入れていますか?それともまだ?

愚問でした。あなたはすでにこの変化に気づいてますものね。理由はカンタン。このブログにたどり着いたのですから…

ところでこのブログのタイトル「50歳はデジタル起業適齢期」は私自身が50歳を迎えた年の正月に、絵馬に書いた言葉です。今から4年前になります。

その少し前に、LIFE SHIFTという本の初版を購入しました。この本はその後、「人生100年時代」という衝撃的なサブタイトルのおかげもあってベストセラーとなり、それをきっかけに「人生100年」という言葉が市民権を得るようになったのはご承知の通りです。

内容について詳しくは触れませんが、簡単に言うと、人生を4つから5つの期間に分けて生き方を変える、これまでとは違う人生哲学が必要だという内容だったと思います。

この本を読んでいて、以前に聞いたマラソン選手の勝利インタビュー をふと思い出しました。「折り返しまでは集団のやや後方について力を蓄えておいて、中間地点を過ぎてから一気に仕掛けていく作戦でした。その作戦が見事にはまりました…」まさにそんな人生のイメージが浮かび上がってきて「いよいよ50歳。人生の折り返し地点に来たぞ。さあ、ここからが勝負だ」とドキドキワクワクしたのを覚えています。

他方、遡ること20年。お世話になった中古車屋のオヤジさんがガンを患って瞬く間にこの世を去りました。享年50歳。

若さが残る一方で老化も実感する年齢。まだまだ続く人生を前向きに捉えつつ、直面する同世代の死。若さと老いのはざまに揺れる50歳という節目の意味を深く考えざるを得ませんでした。そしてこの思いは私だけでなく同世代の人々も同じだからこそ、人生100年という言葉が大きく取り沙汰されているのだと…

そこで、すぐさま2つのことを新しくはじめました。

誰をお客に何をするか…

それまで続けてきたビジネスを継続しつつ、これから先20年続くビジネスに新しく取り組み始めました。このビジネスこそ、同世代(アナログ世代)以上を対象にしたオンライン講座のオーナーというビジネスです。

すぐにわかることですが、あなたが「オンラインなんて苦手」と感じている以上に、あなたの周りいる同世代以上はオンラインが苦手です。その一方で興味もあるしやってみたい気もあるのが本音。何よりオンラインの恩恵を最大に受けられるのが体力的に衰えてくる50歳以上。でも若者のスピードには到底ついていけない。あなたはそんな人々に向けて自分自身の経験をビジネスにするだけでいいのです。パソコンやスマホが得意な若者たちを相手にする必要は一切ありません。

特筆すべきは、このビジネスが中古車屋のオヤジさんに教わった究極のビジネスモデル:在庫なし・オンリーワン・リピート・データベース・リレーションシップ・クロージング不要のチェックポイントすべてに〇が付くことです。文句なしの高収益なスモールビジネスです。

私がこのビジネスを立ち上げて約2年。前例がないことで少し手間取りましたが、コロナウイルスによるSTAY HOMEの流れに乗っていよいよ軌道に乗りつつあります。災い転じて福となす、という感じです。

尚、このビジネスは永続的発展型ではありません。顧客とともに年齢を重ね、あなたの引退と同時に終わりを迎える一代限りのビジネスと考えてください。お互い75歳くらいを目処に引退して次に行きましょう。

もうひとつ、新しく始めたことは陸上の短距離競争です。小さいころ、運動会のリレー選手の常連だったことを思い出し、もう一度駆けっこがしたくなったのがその動機。走るのが得意だったんですね。そこで全くの初心者ながらマスターズに選手登録して試合に出始めました。

こちらは初出場からちょうど3年目になる試合の100メートルで優勝。その時のタイムがなんと日本ランク3位(1999年度:満54歳の部)になりました。折り返し地点からの勝負には得意なことを選ぶのも重要です。

趣味で始めたとは言え、こちらもそのうち商売になるかも知れません。「50歳から始める100メートル競技」なんてどうでしょう。私自身の経験を教えればいいんです。1000人くらいなら集まりそうですよ。月額1,000円もらえたなら月商100万円!走って暮らせます(笑)

楽しいことが次々に起こる…

こんな感じで、40代の時には思いもしなかったことが、今の私に現実に起こっています。50歳からはじめたことで、です…

そんな私がこのブログを書いています。

このブログ、あなたに「走れ!」とは言いません。なぜならあなたが駆けっこが得意とは限らないから。でも「ビジネスをやれ!」とは言います。なぜなら50歳からはじめるのにぴったりの、あなたのためのビジネスがここにあるからです。

準備なんていりません。50年生きてきたあなたには成功するのに必要な知恵と経験があります。50歳の中間地点を迎えたなら、さあ、ここからがいよいよ本番です。新しい人生を創りはじめましょう

断言します。あなたには成功して人生を謳歌するための時間が50年もあります。失敗なんてありえません。さあ、一緒に歩んでいきましょう!

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る